« ありがとうございました:手帳の日の手帳オフ | トップページ | 10年前と今とでは時間の長さが違う? »

2007/12/03

共有する前提が大きい/多いと、単位時間あたりのコミュニケーションは濃くなる

 先日の手帳オフを開催してあらためてわかったことがある。

 それは、共有する前提が情報の量として多いと、単位時間あたりのコミュニケーションは充実した物になるのではないかということだ。

 参加者の多くの方は、このBlogをごらんになり、またなによりも手帳に興味関心を抱いている人だ。だから、討議の最中に、 誰かからひとつのキーワードが発せられると、その言葉が含まれる/または過去に発せられた文脈をすぐに思い出し、連想がはじまる。 別の発言者によってそのうちのひとつの文脈にフォーカスが当てられ、論議がはじまると、参加者それぞれがその文脈にあった思考を始める。

 今回の手帳のオフに限らず、テーマが決まっているネットのオフというのは私の経験している限りだいたいそういう感じになる。

 リアルに時間を共有していなくても、意志や情報などをネット上で共有しているからこのようなことが可能になるのだろう。

「手帳進化論」をご紹介いただいているBlog一覧はこちらです。

 

|

« ありがとうございました:手帳の日の手帳オフ | トップページ | 10年前と今とでは時間の長さが違う? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 共有する前提が大きい/多いと、単位時間あたりのコミュニケーションは濃くなる:

« ありがとうございました:手帳の日の手帳オフ | トップページ | 10年前と今とでは時間の長さが違う? »