« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007/11/30

名札ケースとストラップを用意しました:手帳の日の手帳オフ

 いよいよ明日に迫った手帳の日の手帳オフ。これに備えて、名札ケースとストラップを用意しました。

 当日は、名刺大のカードに、みなさまそれぞれのハンドルネームとお使いの手帳のタイプを記して、それぞれ身につけていただきます。 こうすることで、相互にコミュニケーションが取りやすくなると考えてのことです。

 このBlogにとっても初めての経験です。参加される皆様、どうぞよろしくお願いします。

「手帳進化論」をご紹介いただいているBlog一覧はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/29

今日一日を充実させるためのワザ

 今日という一日を充実させるにはどうすればいいか。方法はいろいろある。

 昨日試したのは、「人生の良い一日にする」と誓うことだ。

 こうやって誓うと、どんなことにも積極性が出てくる。人生の良い一日なのだから、ためらうことはない。 やろうと思ったことをやろうと自然と思える。また人にも優しくなれる。ついつい怒ってしまうような相手にも、少しはソフトに対応できる。 なにしろ人生の良い一日なのだから。

 その日がよい一日になったら、今度は明日を今日よりもよりよい一日にすると誓おう。ほんの小さな心がけで、 少しずつ何かが変わるのなら、それは素晴らしいことだと思うのだ。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/28

ご連絡:手帳の日の手帳オフを予定通り開催します

 以前から告知している手帳の日の手帳オフですが、おかげさまで参加者が大勢集まりました。 メーカーの方や編集者の方も含めて総勢25人ものかたにきていただけることになりました。

 当日は、会場に集合後に皆様に自己紹介していただきます。同時に手帳に関する自分なりの課題、興味関心をお話しいただきます。 そののちにみなさまの関心が高かったいくつかの話題について、グループに分かれてディスカッションすることを考えています。

 こう書くと堅苦しい感じですが、あまり肩肘張らずに楽しくやりたいと思っています。

 なお、当日はこちらで簡単なネームプレートを用意します。みなさまのハンドルとお使いの手帳をここに記して、 コミュニケーションしやすいようにしたいと思っています。

 またもし、今からどうしても参加したいと言う方はその旨、メールでご連絡ください。会場のキャパシティにはまだ余裕がありますので。 その際は、タイトルは「手帳オフ参加希望」、本文内容は、このエントリーで触れたことに準じます。 折り返し詳細を送ります。万一追加の参加者が多すぎた場合は、先着順となりますのでご了承ください。

 どうぞよろしくお願いします。

 

「手帳進化論」をご紹介いただいているBlog一覧はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/27

「ステーショナリープログラム」でご紹介いただきました:「手帳進化論」

 和田哲哉氏の 「ステーショナリープログラム」 で「手帳進化論」を紹介していただきました。

 以前も少し触れましたが、和田氏とは「頑張る日本の文房具」(ロコモーション・パブリッシング) で執筆陣としてご一緒させていただきましたが、先日はじめてお目にかかりました。

 文具、とくに手帳に対して、私とは違ったスタンスでご覧になっている和田氏との対話はとても楽しいものでした。 また仲介してくださった編集者の方に対しても本当にありがたいと思いました。

 本質を見据える的確なもののみ方は、和田氏から学び、また常に磨いていきたいものだと志をあらたにしました。

 また、何らかの機会にコラボできればと思っています。その際はみなさまにもご案内します。どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/26

ご連絡:手帳オフの詳細を本日中にメールします。

 手帳の日の手帳オフに参加希望してくださったみなさまへ

 オフの詳細を本日中にメールさせていただきます。会場の場所や集合地点、当日の連絡先などをBCCで同報させていただきます。

どうぞよろしくお願いします。

「手帳進化論」をご紹介いただいているBlog一覧はこちらです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/25

点と線

 先日新聞記者の方とお目にかかったときのことだ。

 現在の日本は、時間の流れ方が小刻みになっている旨のことを話していた。それはSPAMを含む膨大な量のメールであり、どこにいてもかかってくる携帯電話である。時刻を時報に合わせる必要のない電波時計も出現している。電車の運行も比較的正確だ。ただ、最近は、いろいろな事情で遅れることもあるが・・・。

 そこで記者の方は言った。「鉄道ミステリーが成立するのは日本だけなんですよ」

 曰く、日本ほど正確に鉄道が運行する国はない。時刻表通りにきちんと電車が停車、発車する。それゆえにトリックが成立する。電車の運行時間が始終遅れたり、決まっていなかったりする国では鉄道をトリックの道具としたミステリーは成立しないというのだ。

 なるほど、確かにその通りである。ただその鉄道の正確さも、こころなしか過去の物になりつつあるような印象がある。時代が変わるというのはこういうことかもしれない。

「手帳進化論」をご紹介いただいているBlog一覧はこちらです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/24

手帳と共同体との関係はかわった

「手帳進化論」でも触れ、また先日の朝日新聞にも寄稿したが、手帳は、スケジュール管理の道具であり、メモのためのツールである一方で、どこか説明のつかない非合理的な側面を持っている感じがある。

 それは、軍隊手帳から年玉手帳、さらに生徒手帳に至るまで、その内部に共同体の規範がかかれており、それを守ることが、共同体の存続と発展につながるような、そんなものとしての手帳だ。

 その意味で、旧来の手帳と共同体は一対一の関係にあった。手帳が身分証として機能したのはそのためである。かつての警察手帳はその一例だ。

 そして今では、一人の人が手帳を複数使い分けるような例も出てきている。オン用とオフ用、またスケジュール管理用と日記用など、人によって目的も使い方も違うが、何冊もの手帳を持つことがあるらしい。これなどはまさに、手帳と共同体の関係が希薄(というか無縁)になってしまった例といえる。

 その一方で、年玉手帳以外に共同体を持っている手帳もある。ユーザーズグループだ。○○手帳のユーザーの集まりというと、共同体というほどしばりはきつくないが、仲間意識や帰属意識が発生していることがあると思える。もっともそういうものにさほど関心を持たないクールな手帳のユーザーも数多くいるのだろうが。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/11/23

手帳の日手帳オフ:本日が申し込み締切です

 12/1の手帳の日の手帳オフは、本日が申し込み締切です。参加希望の方は、本日中に、 このBlogの右上のメール送信リンクからメールで申し込みをお願いします。

 メール本文には、以下のことを記してください。

 お名前(ハンドルネームで結構です)、お使いの手帳のタイプ、(可能ならば)当日の連絡先電話番号、当日の抱負

 念のために手帳の日の手帳オフの概要をおさらいしておきます。

日時:12/1(土) 手帳の日 13:00~16:00

場所:都内 貸し会議室を予定

費用:場所代+飲食費のみ(他に実費がかかる場合もあり)、参加自体にかかる費用はありません。

参加者:手帳を使っている皆様、手帳メーカーの方、文具書籍編集者など

 手帳のユーザーである参加者の皆様と、手帳をつくる立場、そして手帳を伝える立場。 私はこのそれぞれの立場の方々の仲介になりたいと考えています。

 参加申し込みは本日です。参加希望の方は本日中(23時59分まで)にメールを送ってください。どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/22

本日の朝日新聞17面「私の視点」に寄稿しました

本日の朝日新聞17面「私の視点」欄に寄稿しました。タイトルは、
「手帳選び オーダー感覚 有名人に学ぼう」
です。

 朝日新聞をご購読の方はチェックしてみてください。よろしくお願いします。

「手帳進化論」をご紹介いただいているBlog一覧はこちらです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/21

23日(金)に参加締め切ります:手帳の日の手帳オフ

 J-WAVEの番組「WAKE UP TOKYO」でも少し告知した、手帳の日の手帳オフ(12月1日開催)ですが、 今週金曜日、23日に参加締切としたいと思います。それ以降は、 余裕がある場合のみ再募集します。

 手帳オフは、ユーザーの皆様を中心に、メーカーの方や文具書籍編集者の方などが集まり、交流と情報交換をする集まりです。

 お使いの手帳はどんなタイプでも結構です。また来年の手帳に悩んでいる方や、スマートフォンをお使いの方、 ケータイやPCを使っている(併用している)方も大歓迎です。お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。 ご不明な点などありましたらいつでもお問い合せください。

 これから参加を希望される方も大丈夫です。まだまだ参加受付中です。タイトルは「手帳オフ参加希望」、本文内容は、 このエントリーで触れたことに準じます。

 参加表明、お問い合せともこのBlogの右上の「メール送信」のリンクからどうぞ。

 お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。  

  

「手帳進化論」をご紹介いただいているBlog一覧はこちら

続きを読む "23日(金)に参加締め切ります:手帳の日の手帳オフ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/11/18

朝日新聞書評欄に短い紹介記事がでました:「手帳進化論」

 本日の朝日新聞の書評欄に「手帳進化論」の短い紹介記事が出ています。

 朝日新聞をご購読の方はチェックしてみてください。よろしくお願いします。

「手帳進化論」をご紹介いただいているBlog一覧はこちらです。

11/19 東京のFM局「J-WAVE」の「WAKE UP TOKYO」 (5:00AM~7:00AMに出演します)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/17

ご連絡:手帳オフ参加希望の方へ確認のメールを送りました

手帳オフ参加希望のみなさまへ

 先ほど、いただいたメールアドレス(またはご指定の返信用アドレス)に確認のメールを送らせていただきました。 ご確認いただければと思います。

 またご不明な点などありましたらいつでもお問い合せください。どうぞよろしくお願いします。

 これから参加を希望される方も大丈夫です。まだまだ参加受付中です。参加は、このBlogの右上の「メール送信」 のリンクからどうぞ。タイトルは「手帳オフ参加希望」、本文内容は、このエントリーで触れたことに準じます。

どうぞよろしくお願いします。お待ちしております。  

「手帳進化論」舘神龍彦(PHPビジネス新書)全国書店で発売中!

11/19 東京のFM局「J-WAVE」の「WAKE UP TOKYO」 (5:00AM~7:00AMに出演します)

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/11/16

ご連絡:手帳オフ参加希望の方へ

 手帳オフ参加希望の皆様へ

 先日からメールで申し込みいただいている手帳オフの件ですが、明日までに参加確認のメールを追って返信していきます。お手数ですが、今しばらくお待ちいただければと思います。
 また、明日中にメールが届かなかった場合は、お手数ですがその旨ご連絡いただくか、またはこのエントリーにコメントいただければと思います。
 どうぞよろしくお願いします。

 舘神龍彦拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手帳メーカーの方、編集者の方も来ます:手帳の日の手帳オフ

 12/1の手帳の日の手帳オフですが、特別にゲストを読んでいます。それが表題の方々です。 ふたつの大手手帳メーカーの方合計3名がいらっしゃいます。うち一名は人気の手帳の担当者です。

 さらに、文具関連書籍の編集者の方もいらっしゃいます。

 以上の方々に今回は私がとくにお願いをしてきていただくことになりました。

 手帳のユーザーである参加者の皆様と、手帳をつくる立場、そして手帳を伝える立場。 私はこのそれぞれの立場の方々の仲介になりたいと考えています。

 まだまだ参加受付中です。どうぞよろしくお願いします。参加は、このBlogの右上の「メール送信」のリンクからどうぞ。 タイトルは「手帳オフ参加希望」、本文内容は、このエントリーで触れたことに準じます。

どうぞよろしくお願いします。  

「手帳進化論」舘神龍彦(PHPビジネス新書)全国書店で発売中!   

百冊の手帳で見えた手帳の進化

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/11/15

記者、編集者の方へ

 新聞、ラジオ、テレビ、雑誌などの記者、編集者の方へ

 手帳に関する取材を受け付けております。
 私は「手帳進化論」(PHPビジネス新書)において、市販、年玉、自作などを合わせた100冊の手帳を収集して逐一見ております。同時に明治時代の懐中日記、軍隊手帳の2冊の手帳も取材し、写真もあります。

 これらを取材した経験が記事、番組作成に役立つはずです。

 また、とくに手帳ブームの原因分析は明確な説明ができます。「デジタル全盛の時代における手書きへの回帰」という枠にとどまらず、時代や社会との変化、たとえば終身雇用制の終焉などと関連づけてはっきりした説明ができます。

 ご連絡は、このブログ右上のメール送信のリンクをクリックしてください。どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CGM的リフィル登場!

 CGM的リフィルが登場している。 日本能率協会マネジメントセンターの「プライベートリフィル」シリーズがそれだ。

 このリフィルは同社の他のシリーズとは少々趣が異なり、簡単な罫線とタイトル欄で構成されている。ユーザーの自由度が高い。

 専用サイトはこちら

「手帳進化論」舘神龍彦(PHPビジネス新書)全国書店で発売中!  

CGM的手帳とは? 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/14

まとめ:「手帳進化論」をご紹介いただいているBlog

 「手帳進化論」(PHPビジネス新書)について、ご紹介いただいているBlogをまとめておきます。GoogleやYahoo!、 MSNなどの検索エンジンでは、必ずしも効率的に結果が検索できないようなので、おぼえがき的にエントリーを作っておきます。

 また、ここに追記されるものもあると思います。以下の順番はこのBlogで過去に紹介し、トラックバックしたもの、 あるいはトラックバックをいただいたものが中心です。以下、順不同、敬称略で紹介させていただきます。また、 以下のBlog名をクリックすると紹介記事が直接開きます。

木の葉燃朗の「本と音楽の日々」

マインドマップ的読書感想文

ミドル英二の 「あやし過ぎる?日々」

丸井.ne

手帳と文房具のレビューサイト -好かれる人の手帳術

ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ

less than zero

本と日々のいろいろ

 以上です。他にもあるかもしれませんが、取り急ぎご参考まで。Blogでとりあげてくださったみなさま、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第二次参加受付開始です:手帳の日の手帳オフ

 12/1の手帳の日の手帳オフ、第二次参加受け付けを開始します。参加希望の方は、このBlogの右上の「メール送信」 のリンクをクリックしてメールを送信してください。タイトルは「手帳オフ参加希望」、本文内容は、このエントリーで触れたことに準じます。

 現在は10名ほどの方から参加希望をいただいております。お使いの手帳もシステム手帳を中心に、「超」整理手帳を使っている方、 スマートフォンを使っている方など、さまざまです。

 とくに手帳に凝っている必要はありません。手帳歴が長い必要もありません。来年の手帳をどうしようかと悩んでいる人でも大丈夫です。

 参加者まだまだお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。 

「手帳進化論」舘神龍彦(PHPビジネス新書)全国書店で発売中!   

手帳の歴史をひもとけば新しい選び方が見えてくる

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/13

ご連絡:手帳の日手帳オフ第一次受付締切

先日から受付していた手帳の日の手帳オフですが、 第一次受付を終了します。参加希望のメールをくださったみなさま、 どうもありがとうございます。 現時点でメールをいただいた方は10名です。


 現在押さえている会場のキャパシティの関係もあり、 ひとまずの受付終了となります。取り急ぎご連絡まで。 第二次募集ができるようになったらまた告知します。 どうぞよろしくお願いします。

続きを読む "ご連絡:手帳の日手帳オフ第一次受付締切"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/12

J-WAVEに出演します

 来週19日(月曜日)、東京のFM局「J-WAVE」 の朝の番組 「WAKE UP TOKYO」 (5:00AM~7:00AM)という番組に登場します。POP UPという短いコーナーで手帳の歴史や今年のトレンドなどについて話します。

 首都圏にお住まいの方は、ぜひ聞いてみてください。どうぞよろしくお願いします。

「手帳進化論」舘神龍彦(PHPビジネス新書)全国書店で発売中!

自分の手帳を自分で作ろう 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/11

手帳は結局自作にいきつく?

 手帳を使い込んでいくと大なり小なり自作に行きつく。そんなふうに感じるようになりました。手帳について語っている、 いろいろな方のBlogを拝見しても、独自の工夫をされている方が多いからです。

 ある意味でその究極の例が、有名人がプロデュースした一群の手帳なのかも知れません。ただ、 それが自分にあうかどうかは熟慮の必要があると思います。自分に合うものの見極めは、自分しかできないからです。 

「手帳進化論」舘神龍彦(PHPビジネス新書)全国書店で発売中!

「ワールドビジネスサテライト」でも明らかにされなかった手帳の真実とは?  

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/11/10

12/1手帳の日オフ 手帳に悩んでいる人もどうぞ

 12/1の手帳の日 手帳オフですが、参加者が続々と集まっています。 すでに何人もの方からメールをいただいております。

 当日は、意外なゲストも参加します。 みなさまが楽しんで情報交換できる機会にしたいと思っています。まだ募集しています。第一次締切は12日です。手帳を使いこなしている人も、 そうでない人も、来年の手帳に悩んでいる人もぜひどうぞ。

「手帳進化論」舘神龍彦(PHPビジネス新書)全国書店で発売中!

手帳ってそもそもどういうものだったのか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/09

手帳業界でも参考にされているようです:「手帳進化論」

 「手帳進化論」は、各方面に反響を読んでいるようです。本日、おはなししたある大手手帳メーカーの方によれば、 社内でも参照されているとのこと。とくにこの季節は、メディアからのといあわせもあるそうで、その際にも参考にしていただいているようです。

 また別のメーカーの方からは、単に手帳の使いこなし術ではなく、 歴史や時代の流れにまで着目し考察している点が非常に興味深いとの声をいただいています。

 このような反応は、過去の本ではなかったことでした。

 また、私自身もあらためてこの本がどういう立ち位置なのかを発見しました。「手帳進化論」 はビジネス書であると同時に新書でもあるのです。だからこそ歴史に踏み込み、それを実用(手帳の選び方と作り方) につなげることができたのだと思います。

「手帳進化論」舘神龍彦(PHPビジネス新書)全国書店で発売中!

今までになかった異色の手帳本

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/08

スマートフォン、ほぼ日手帳、「超」整理手帳の方もぜひどうぞ:12/1手帳の日手帳オフ

 計画中の12/1 手帳の日の手帳オフですが、続々と参加希望の連絡をいただいています。 そこであらためて呼びかけさせていただきます。

 スマートフォン、ほぼ日手帳、「超」整理手帳の方もぜひどうぞ。現在時点では、 参加希望者はどうやらシステム手帳をお使いの方が多いようです。 なるべくいろいろなタイプの手帳のユーザーに集まっていただきたいと考えています。 違うタイプそれぞれの使い勝手について情報交換をしていただくことで、 みなさんがふだんと違った考え方に接することができればと考えています。

 それは、私にとっても貴重な経験です。

 というわけで、手帳の日の手帳オフ、まだまだ参加受付中です。どうぞよろしくお願いします。

「手帳進化論」舘神龍彦(PHPビジネス新書)全国書店で発売中!

手帳解説書の意外な先祖とは? 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/07

12/1手帳の日オフ 参加お待ちしています

 12/1は、手帳の日です。その12/1に開催予定の手帳オフですが、少しずつ問い合わせや参加表明などが来ています。

 今回は、都内で開催します。これは都内および周辺の千葉、神奈川、 埼玉の各県にお住まいの方であれば参加できるようにと考えてのことです。それ以外の地方の方には申し訳ないのですが、 また機会を設けたいと考えています。

 今回の目的は、いろいろな手帳をお使いの方の情報交換の場として利用していただくことです。手帳選びを悩んでいる方、 デジタルツールとの併用方法を考えている方、自分の手帳を見せたい方、手帳の乗り換えを考えている方etc。どうぞ情報交換してください。 そして盛り上がってください。私も参考にさせていただきます。

 手帳オフの主役はみなさんです。参加お待ちしております。

関連記事 FAQ: 手帳オフについて 

「手帳進化論」舘神龍彦(PHPビジネス新書)全国書店で発売中!   

「手帳進化論」新聞、ラジオに登場します

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/06

FAQ:手帳オフについて

 手帳オフについて、FAQをまとめてみました。参加を検討されている方は、参考にしてみてください。

Q1. 日時はいつですか。開催場所はどこでしょうか?

A1. 12月1日(土) 13時~ 都内で行います(会場は未定)

Q2. 参加資格はありますか?

A2. 特にありません。このBlogをご覧になっている方で、手帳を使っている方であればどなたでも結構です。

Q3. 使っている手帳のタイプはなんでもいいのでしょうか

A3. なんでも大丈夫です。システム手帳でも綴じ手帳でもかまいません。 いろいろな手帳を使っている方が一堂に集まる機会にしたいと考えています。

Q4. 会費はいくらですか。

A4. 会場費や飲食代などの実費をいただくことはありますが、それ以外は基本的に無料としたいと考えています。

Q5. 申し込みはどうすればいいですか?

A5. このBlogの左上の「メール送信」のリンクから以下の項目を書いたメールを送ってください。

 お名前(ハンドルネームで結構です)、お使いの手帳のタイプ、(可能ならば)当日の連絡先電話番号、当日の抱負

※いただいた情報はこの日のオフ以外の目的で利用することはありません。 またその保管には充分な注意を払います。

Q6. 申し込み締切はいつですか?

A6. 第一次締切は、11月12日です。それ以降は追って告知します。

 手帳のオフという企画は決して珍しくないと思います。一例を挙げれば、ニフティ・サーブ(現@nifty) には手帳関連の会議室がありました。『達人の「手帳術」が見たい』(戸田覚 ダイヤモンド社 1998年) という書籍の中でシステム手帳フォーラムのオフの様子が紹介されています。

 そして今回は、このブームの中で、種類を問わずいろいろな手帳を利用されている方が集まることを狙いとしています。この機会を、 手帳を使っている方々同士が交流するチャンスとして利用していただきたいと思います。私はそのお手伝いをさせていただくつもりでおります。

 どうぞよろしくお願いします。

「手帳進化論」舘神龍彦(PHPビジネス新書)全国書店で発売中!

手帳の選び方と作り方。両方とも大事です。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/05

既存の手帳本には分類されない本:手帳進化論

 「手帳進化論」では、手帳関連書(いわゆる手帳本)を4つのタイプに分類した。それは、1.手帳術バラエティ紹介タイプ 2. 自伝的手帳論 3.特定の手帳の解説書 4.汎用的手帳術解説 の4つだ。そして「手帳進化論」は、このいずれにも含まれない。

 手帳全般を対象としている点は、4.に近い。ただ、歴史と由来にさかのぼって“あなただけの「最強の一冊」の選び方作り方” を提案しているのは、過去に例がないはずだ。この本がときに異色と評されるのはその点だろう。

 だいいち、よくある手帳の本は、「この方法ならうまくいく」「この手帳さえあればバッチリ」というトーンだ。しかし「手帳進化論」 には、究極の手帳はどこにもないと書いてあるのだ。

 さてではどうすればいいか。その答えは読者の皆様一人一人の中にある。読まれた方の中には、すでにその答えを見つけ、 形にしている方もいらっしゃるようだ。

「手帳進化論」舘神龍彦(PHPビジネス新書)全国書店で発売中!

手帳関連書を選ぶときにも役立ちます  

   ←Amazonで2冊合わせて買えば送料無料です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/04

なぜ歴史をさかのぼる必要があったのか:「手帳進化論」

 「手帳進化論」では、手帳の本質を明治時代にさかのぼって考えている。それは、この時代に日本に手帳がもたらされ、 のちの日本の手帳に決定的な影響を与えることになるふたつの手帳が登場しているからだ。

 手帳に限らず、物事の本質はその一番初めの段階に規定される。そう考えたからこそ、歴史をさかのぼるプロセスは必要だった。 そしてそれを知ることで初めて手帳の選び方があらためてわかったのだ。

 手帳が日本にもたらされてから145年。この長い歴史の中で、あらためて手帳をどう選び、どう使うのか。その答えは、 読者のみなさんの一人一人の中にある。

「手帳進化論」舘神龍彦(PHPビジネス新書)全国書店で発売中!

自分だけの手帳スイートを作ってみよう  

   ←Amazonで2冊合わせて買えば送料無料です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/03

浮気性の人、一筋の人

 昨日は、新聞記者の方とお目にかかった。その方の手帳は、18年前に購入したファイロファックス。ずっと使ってきたわけではなく、 18年の間にいろいろな手帳を使ってきたという。システム手帳一筋ではなかったらしいのだ。

 最近はシステム手帳に落ち着いたらしいのだが、それでもバーティカルタイプのリフィルにしたり、さらに土日が小さいものにしたり、 またもとのタイプに戻ったりしているらしい。

 やはり手帳を使う人には、このようにいろいろなタイプを変えたい人と、一度落ち着くとなかなか変えない人がいるらしい。

 その記者の方は、「手帳進化論」も読んでくださっていた。共同体の時間感覚と手帳の関係のくだりが、腑に落ちたそうだ。

「手帳進化論」舘神龍彦(PHPビジネス新書)全国書店で発売中!

手帳の選び方チェックシート、ぜひ見てください!   

   ←Amazonで2冊合わせて買えば送料無料です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/02

手帳オフを開催します!

  手帳オフを開催したいと思います。

日時 2007年12月1日 13時~

場所 都内

  詳細が決定次第こちらでご案内させていただきます。参加資格は特にありませんが、しいてあげれば、以下の2点です。

1.手帳を使っていること。 2.このBlogを読んでくださっていること

 手帳は形式、メーカーを問いません。システム手帳の人も、ほぼ日手帳の人も、超整理手帳の人も、夢手帳☆熊谷式の人も、 DateYourDreamシステム手帳の人も、フランクリンプランナーの人も、能率手帳の人も、トラベラーズノートの人も、 みんなみんな大歓迎です!

 また、ゲストの参加も準備中です。どうぞよろしくお願いします!

「手帳進化論」舘神龍彦(PHPビジネス新書)全国書店で発売中!

読めば自分の手帳が好きになる。 理想の手帳のつくりかたがわかる  

   ←Amazonで2冊合わせて買えば送料無料です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/01

手帳進化論をご紹介いただいているBlogその2

  「手帳進化論」はおかげさまで、多くの方のBlogに取り上げていただいています。 どの方の紹介も興味深く読ませていただいています。今日はその中からひとつを紹介させていただきます。

 まず、 『ミドル英二の「あやし過ぎる?日々」』。こちらでは、“画期的労作”としてほめていただいています。その上で、 「手帳の選び方チェックシート」や「手帳術を明文化しておく」ことを興味深く読んでいただいたようです。

 ミドル英二さん、ありがとうございました。

「手帳進化論」舘神龍彦(PHPビジネス新書)全国書店で発売中!   

なぜ手帳が続かないのか。他の手帳関連書には書いていなかった、 その理由がわかる ! 

   ←Amazonで2冊合わせて買えば送料無料です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »