« “手帳術”はどんどんブレンドされていく | トップページ | リフィル自作のハードルを低くするには? »

2007/07/17

メモやアイデアも共有を意識する

 メモやアイデアも共有を意識すると、メリットが生まれる。ひとつの発想、視点などについて、 共同作業している複数人の意見を乗っけていけるからだ。

 こういう目的のために一番手っ取り早いのは、mixiなどのSNSであるのは論を待たない。 その作業グループの成員全員が入っていれば、新しいコミュニティを立ち上げて、各種問題について考えていけばいい。 mixiに入っていない人には招待メールを出せばいいだろう。

 問題は、パソコンの前以外のところで思いついたことだ。手帳やメモ帳に書いた走り書きの図解とかイラストとかは、 そのままでは共有しにくい。こういうものはすぐにデジタル化するのがいい。以前のエントリーや拙著「デジタル・ハック」 でも紹介したScansnapなどのドキュメントスキャナーを使って、PDFファイル化(※)。コメントが欲しいとか、 意見を聞きたい旨を本文に書いてメール。メーリングリストなどに流すのがいいだろう。

 このとき大切なのは、面倒くさがらずにデジタル化できるしくみとか環境だろう。 この点でフラットベッドスキャナーよりはドキュメントスキャナーの方が優れているといえる。

※ jpegなどの画像ファイルだとコメントを付ける機能が用意されていない。だからPDFの方がいい。

|

« “手帳術”はどんどんブレンドされていく | トップページ | リフィル自作のハードルを低くするには? »

ライフハック」カテゴリの記事

コメント

かずのりさん、コメントありがとうございます。

なるほどセキュリティとか費用対効果も大きなファクターですね。
技術的に可能だからといって何でもやるべきではないですよね。
大切なのは目的ですからね。

これまでの自分のデータは、それまでの蓄積がきちんとあるからですね。この辺は今からでもどうにかしたいところです。まあこのBlogがその一種の試みといえなくもないですが。
コメントありがとうございました。

投稿: 舘神 | 2007/07/27 08:04

どもども。
携帯電話を利用して全文検索サーバにアクセスできるようにはしていません(やれるが、やってない)。
理由はいくつかあります。
・セキュリティ上好ましくないため
(現在はイントラネットのみの運用にしてます)
・費用対効果が薄いため
(そこまでする価値があるかどうか検討中)
・暇がない

どこかで書こうと思っていたのですが、生まれてこの方の
自分のデータをほとんどオンラインデータ化して、「ああこんなに少ないものなのか」と最近感じてます。

投稿: かずのり | 2007/07/25 18:03

かずのりさん、コメントありがとうございます。
紙の保存と蓄積は、かなり早くからやられているのでしたね。
サーバーはひょっとして携帯電話からもアクセスできるのでしょうか?
この辺はサーバーのつくりかたによるのかもしれませんが、差し支えなければ教えてください。
プランナートムは一度このブログでもきちんと紹介したいと考えております。
そのためには、エミュレーターをもういちどインストールする必要があるのですが。
コメントありがとうございました。

投稿: 舘神 | 2007/07/24 10:14

どもども。
お久しぶりです。
最近ではこんな感じで情報共有をしています。
メモなど紙媒体→scansnap→全文検索(namazu)→
ウェブサーバで情報共有(イントラネット)

さらに、プランナートムの情報についても、全部のカードを
1枚のカードにパラグラフ化して(カードのパラグラフ化)、
テキストに書き出し、全文検索サーバに登録しました。

プランナートムでは、カードの「全収集」したあと「マークカードの
パラグラフ化」とか、今までは資源的な制限であまり使わなかった
ものが、今になって生きてきています。

以前では考えられなかった富豪的な使い方も、今では
やすやすとできてしまうので、いい時代になったものだなと
感じます。

今まで蓄積してきたデータを最大限活用できてます。
ではでは。

投稿: かずのり | 2007/07/19 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/15786541

この記事へのトラックバック一覧です: メモやアイデアも共有を意識する:

« “手帳術”はどんどんブレンドされていく | トップページ | リフィル自作のハードルを低くするには? »