« Webサービスの登録履歴を記録する | トップページ | 第18回ISOT 明日から東京ビックサイトで開催 »

2007/07/02

パソコンは「なんでも袋ファイル」である

 その昔、山根一眞氏は、山根式袋ファイルというのを提唱していた。角二形封筒の肩にインデックスをつけて、 関連する書類を何でも入れていくというものだ。

 そして今、パソコンは、データの種類を問わずいろいろな情報を保存できる「なんでも袋ファイル」になっている。 テキストファイルや表計算ソフトのワークシートはもちろん、デジタルカメラの画像、動画、ICレコーダーで録音した音声、メールに至るまで、 ひとつのフォルダに保存できる。しかも、圧縮してメールしたり、Webストレージにあげて誰かと共有したりといったことが簡単にできる。

 こと情報の保存と整理については、インフラは充分整っている。あとはどんなアウトプットを生み出すかだ。

|

« Webサービスの登録履歴を記録する | トップページ | 第18回ISOT 明日から東京ビックサイトで開催 »

アナログ/デジタル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/15623758

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンは「なんでも袋ファイル」である:

« Webサービスの登録履歴を記録する | トップページ | 第18回ISOT 明日から東京ビックサイトで開催 »