« よく使うWeb情報はPDFファイルで保存、参照する。 | トップページ | おぼえがき:Webやメールに関する習慣を2,3日やめてみる »

2007/06/21

「かんたんシステム手帳」の本質

 以前のエントリーでも触れた「かんたんシステム手帳」が届いたので、少し紹介しよう。発売元のデネットは、今回のソフト以前に、 「お好みシステム手帳」というソフトも発売している。そしてこの「お好み~」との違いを明らかにすることで「かんたん~」の特徴がわかる。

 「お好み~」との違いは設定の簡単さだ。「お好み~」はその名の通り、細かな設定が特徴だった。 印刷される文字のフォントやサイズなど細部まで自分の好きなように設定できて文字通り「お好み」だった。用紙サイズも、バイブル、 ミニ6穴はもちろん、システムダイヤリーやナロー、A5などにも対応していた。ただそれがむずかしいという印象を与えることもあったはずだ。

 これに対して、「かんたん~」は文字通り簡単である。フォーマットを選び、印刷サイズと2,3箇所の設定をするだけでいい。 リフィルを作るというよりは、そこに含まれたパターンを白紙のリフィルに印刷して利用するソフトだ。対応する用紙サイズも、 バイブルとミニ6穴の2種類のみ。

 この辺は言わば割り切っているわけだが、敷居が低いとも言える。 「この種のソフトを使ってみたいけれど、設定が面倒なのはいや」という人には手軽に試せるソフトだ。

 

かんたんシステム手帳 レッスン動画サイト「unself」誰にでもわかる手帳術講座

|

« よく使うWeb情報はPDFファイルで保存、参照する。 | トップページ | おぼえがき:Webやメールに関する習慣を2,3日やめてみる »

・システム手帳の特徴と手帳術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/15506601

この記事へのトラックバック一覧です: 「かんたんシステム手帳」の本質:

« よく使うWeb情報はPDFファイルで保存、参照する。 | トップページ | おぼえがき:Webやメールに関する習慣を2,3日やめてみる »