« 「キッパリ!」からGTDまで | トップページ | 「デジタル・ハック」を取り上げていただいているBlog »

2007/06/10

システム手帳の一日あたりのランニングコスト

 システム手帳の一日あたりのランニングコストはどれぐらいだろうか。

 これは年間に購入、利用するリフィル(A)の合計額÷365で計算できる。Aには、マンスリー、 ウィークリーなどの各種スケジュール記入リフィル、メモリフィル、アクセサリー類などが含まれる。

 見えないコストもある。リフィルを自作するときのインク代(微々たるものだろうが)とか、ペンなどがそれだ。 併用するふせんなどもここに含まれるだろうか。

 手帳一冊といっても、各種コスト(+手間)がかかっている。その上で手帳が使えているわけだ。 このコストと手間に見合うだけの結果が出せているかどうか。そこにも自覚的でありたい。

レッスン動画サイト「unself」誰にでもわかる手帳術講座

|

« 「キッパリ!」からGTDまで | トップページ | 「デジタル・ハック」を取り上げていただいているBlog »

・システム手帳の特徴と手帳術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/15376847

この記事へのトラックバック一覧です: システム手帳の一日あたりのランニングコスト:

« 「キッパリ!」からGTDまで | トップページ | 「デジタル・ハック」を取り上げていただいているBlog »