« 手帳で休みの日を有効に使う工夫 | トップページ | タブレットPCはなぜ普及していないのか »

2007/06/25

PDAが終わりスマートフォンが続いている理由

 以前のエントリーでも説明したが、PDAは多くの人が求めるソリューションとなることなく終息し、 スマートフォンの時代が始まっている。なぜこうなったのだろうか。理由のひとつは、これも繰り返しになるが、 PDAが万人に訴求力の高いコアコンピタンスを持ち得ないまま終わったことだろうか。

 対するスマートフォンの特徴は明確だ。「インターネットに接続できる通信機能」「WindowMobile搭載」「Word、 Excelのファイルが読み書きできる」など、どれもビジネスマンにとって利用価値の高い機能ばかりだ。通信機能をのぞけば、 PDAでも似たようなレベルのことはできた。いや通信機能ですら、データ通信カードの接続で補完できた。

 にもかかわらず、PDAは終わり、スマートフォンが一定の支持を得ているのは、 結局のところ想定ユーザー層にどれだけ分かりやすい使い道をアピールできたかではなかろうか。 いっけんマーケティングやプロモーション展開レベルの話と受け取られがちなこの部分こそ、 実はこの手のハイテクガジェットが普及しうるかどうかのキーが隠されているように思う。

レッスン動画サイト「unself」誰にでもわかる手帳術講座

|

« 手帳で休みの日を有効に使う工夫 | トップページ | タブレットPCはなぜ普及していないのか »

スマートフォン/PDA・ガジェット」カテゴリの記事

コメント

AmoebaEさん、こちらこそありがとうございます。

思うのですが、やはりどんなプロダクトも商業的に成功しなければ、結果としてマニアが喜ぶこともないのではないかと思います。大向こう受けするようなイメージ戦略をするなり、機能を盛り込むなりをして、まず商業的に成功する。その上で、その利益をマニアックな(先端的な)機能の拡充に投資する。そうやってマスマーケットを作り上げた上で、機能をとぎすましていくのがいいと思うのです。
そして、現状のスマートフォンはそうなりつつあるのではないかと思います。まだまだユーザーは少ないと思いますが。

投稿: 舘神 | 2007/07/08 07:09

館神さん、コメントありがとうございます。

> なんというか門外漢お断り、スキルのある奴だけ入れる虎の穴的なオーラがユーザーから出ていた可能性は大いに考えられますね。

ですよねぇ。

でも、以前僕はこんなエントリをしたしなぁ・・・
http://blog.livedoor.jp/yasuo_ishihara_sl/archives/6476000.html

投稿: AmoebaE | 2007/07/06 20:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/15551966

この記事へのトラックバック一覧です: PDAが終わりスマートフォンが続いている理由:

» 食いつきやすさ [AmoebaE]
一昨日 「PDA」から「スマートフォン」へ。呼び名が変わり始めています。なんてエントリをした後、 館神さんの「PDAが終わりスマートフォンが続いている理由」を発見。 PDAは終わり、スマートフォンが一定の支持を得ているのは、結局のところ想定ユーザー層にどれだ...... [続きを読む]

受信: 2007/07/05 00:30

« 手帳で休みの日を有効に使う工夫 | トップページ | タブレットPCはなぜ普及していないのか »