« ホームポジションから名刺を検索する | トップページ | システム手帳の一日あたりのランニングコスト »

2007/06/09

「キッパリ!」からGTDまで

 しばらく前に話題になり、テレビドラマ化もされた非ビジネスマン向け自己啓発書「キッパリ!」(上大岡トメ 幻冬舎)。 手帳好きを中心に10万部を超えるベストセラーとなった「一冊の手帳で夢は必ずかなう」(熊谷正寿かんき出版)。ストレスフリーをうたい、 若いビジネスマン向けに支持されているGTD。およびその入門ムックである「LifeHackPress」(技術評論社)。

 この3冊の書籍には共通点がある。いずれもやるべきタスクを書き出すことだ。書き出すのは、忙しいときだったり(「キッパリ!」)、 人生の方針を決めるときだったり(「一冊の手帳で~」)、やるべきことを整理するときだったり(「LifeHackPress」) と微妙に違いはある。それでもまずタスクの棚卸し的な作業を進めているのは共通している。

 スタンスも目的もまったく違う三冊の本が、細部の違いはあれど、同じような方法をとろうと進めているのは興味深い。この点、 皆さんはどのようにお考えになるだろうか。

 

|

« ホームポジションから名刺を検索する | トップページ | システム手帳の一日あたりのランニングコスト »

ライフハック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/15365015

この記事へのトラックバック一覧です: 「キッパリ!」からGTDまで:

« ホームポジションから名刺を検索する | トップページ | システム手帳の一日あたりのランニングコスト »