« 4月から手帳を切り替える | トップページ | 目的を意識してメモする »

2007/03/22

目的に応じてWebの扱い方を変える

 Webページは、目的に応じてその扱い方を変える必要がある。 ニュースやBlogなど日々更新されるものはRSSリーダーで読むのがいいかもしれない。 統計などのWebはWebブラウザで閲覧するのがいいだろう。そしてこういう、単に読んで情報を得る以外のWeb、 たとえば申し込みや購入がそこから出来るようなWebページは、これ以外の扱い方があると思う。

 読むだけのWebをどうやって扱えばいいかは、「デジタル・ハック」に記したとおりだ。情報を得る以外のWebとは、 講演会のお知らせの情報のページだ。こういうWebページは、単にお知らせをするだけではなく、そこから申し込みが出来るようになっている。 この手のWebページは、紙Copiのようなツールで保存するだけでは不十分だ。申し込みをしたいのなら、その期限を把握した上で、 いつまでに決めるのか、選択するのかをはっきりさせなければならないからだ。 オンラインショップのWebページでも同じようなことが言えるだろう。ただ、 限定生産品とか期間限定のもの以外はいつでも買えるかもしれないが。

 「あとで読む」 のようなツールはこういうときには有効なのかも知れない。リンクを含む情報がそこに残っており、メールソフトから操作ができるからだ。

 Webページはその活用方法やあとの処理の仕方、行動計画への影響などから、いくつかのパターンに分類できるはずであり、 その分類によって読むためのツールを使い分ける必要があるはずだ。この問題についてもひきつづき考えたい。

|

« 4月から手帳を切り替える | トップページ | 目的を意識してメモする »

パソコンでムダに忙しくならない50の方法 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/14347282

この記事へのトラックバック一覧です: 目的に応じてWebの扱い方を変える:

« 4月から手帳を切り替える | トップページ | 目的を意識してメモする »