« ケータイをデジタル腰リールにする方法 | トップページ | タスクのリストアップ時には段取りと所要時間も計算する »

2007/02/25

リングの余裕を確保する

 システム手帳はそのバインダー構造によって、他のタイプの手帳では得られないいろいろなメリットを持っている。 それは読者の方も日々実感されていると思う。

 そして、このメリットを享受するために大切なポイントのひとつが、リングに余裕を確保することだ。 リフィルを詰め込みすぎてページがめくりにくくしてはいけない。常に余裕を持ってページをめくれるようにしておけば、まめに記入し、 アイデアを書き留め、また記入したことがらを見直そうと思うようになり、それが習慣になっていく。

 もしリングに余裕がないのなら、リフィルを減らすか、または大きなリング径のバインダーに乗り換えることを検討した方がいいだろう。

|

« ケータイをデジタル腰リールにする方法 | トップページ | タスクのリストアップ時には段取りと所要時間も計算する »

・システム手帳の特徴と手帳術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/14039231

この記事へのトラックバック一覧です: リングの余裕を確保する:

« ケータイをデジタル腰リールにする方法 | トップページ | タスクのリストアップ時には段取りと所要時間も計算する »