« ふせんを一時インデックスとして使う | トップページ | デジタルで記述するメリット:デジタル的な支援を受けられる »

2007/02/03

音声メモの可能性

 携帯電話やICレコーダーを使った音声メモの可能性については、このBlogでも何回か触れている。 今回はこの音声メモの可能性を考えてみたい。

 そのひとつは、暗闇の中でも記録できることだ。とくにICレコーダーなどで、録音と停止のボタン操作さえ指がおぼえていれば、 ほとんど光のないところでもアイデアなどを記録できる。紙のメモ帳や手帳にペンでメモするときには、こうはいかない。

 これはデジタルだからというよりは、むしろ音声の記録という、手段ゆえのメリットではある。ただそれでも、 こういう可能性はICレコーダーなどにはあるわけだ。

|

« ふせんを一時インデックスとして使う | トップページ | デジタルで記述するメリット:デジタル的な支援を受けられる »

アナログ/デジタル」カテゴリの記事

コメント

FUKAWAさん、コメントありがとうございます。
バックライト付きPDA、まさに私が次に言及しようとしていたものでした。
バックライト付きPDAで、タッチタイプが出来れば暗いところでも文書作成ができますよね。
ICレコーダーは、歩きながら、また立ったままでも記録ができるのもご指摘の通りです。
ありがとうございました。

投稿: 舘神 | 2007/02/04 23:38

こんにちは。
暗闇での記録という点では、バックライト付のPDAも重宝しています。
PDAのバックライトは、過去に手帳に記録した内容とか手持ちの資料を暗闇で照らすライト代わりにもなります。
ICレコーダーは使ったことが無いのですが、歩きながら記録できる点が便利かなぁ~と思っています。

投稿: FUKAWA | 2007/02/03 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/13773966

この記事へのトラックバック一覧です: 音声メモの可能性:

« ふせんを一時インデックスとして使う | トップページ | デジタルで記述するメリット:デジタル的な支援を受けられる »