« 「リフィル作成術コツのコツ」その2 | トップページ | 情報カードは明治時代からあった! »

2007/02/13

メモリフィルの消費スピードを測ってみる

 罫線や方眼、無地などのメモ用リフィルの消費スピードはどれぐらいだろう。30枚入りのものを買ってきたとして、 それはどれぐらいの期間でなくなるのだろう。これを一度計ってみるとおもしろいかも知れない。 買ったものがなくなるまでにはどれぐらいかかるのか。

 アイデアマラソンのように、アイデアを出すことを習慣にしている人ならば、消費スピードが速ければ、 単位時間あたりのアイデアの数が多いことになる。補充のペースをつかむのにも役立つ。

 システム手帳のリフィルは、ついついいろいろなものを買い込んではだらだらと使うことになりがちだ。 数百円程度の投資が何を生んでいるかを、一度考えてみるのもいいかもしれない。

|

« 「リフィル作成術コツのコツ」その2 | トップページ | 情報カードは明治時代からあった! »

・システム手帳の特徴と手帳術」カテゴリの記事

コメント

樋口健夫さま
考案者ご本人自らのコメントに恐縮しております。
「思いつきをビジネスに変えるノート術」(PHPエル新書)は
楽しく読ませていただきました。

具体的な数字を出していただくと、とても参考になりますね。
ありがとうございました。

投稿: 舘神 | 2007/02/14 08:33

2007-02-13-0116
こんにちわ。アイデアマラソンの考案者の樋口健夫です。
私の場合、20穴A5のリフィル30行を一行ずつ空けて書き、毎日16頁(8枚)書いている計算です。その中に71個の発想とその他の雑記があります。ご参考まで。

投稿: 樋口健夫 | 2007/02/13 10:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/13891123

この記事へのトラックバック一覧です: メモリフィルの消費スピードを測ってみる:

« 「リフィル作成術コツのコツ」その2 | トップページ | 情報カードは明治時代からあった! »