« 記憶のストレッチ | トップページ | 手帳にサイフの機能を加えるリフィルとは:私の案 »

2007/02/22

アイデア・インキュベーター

 アイデアはどうやったら孵化するか。そのために、必要なのはまずメモをとることである。 メモをとった時点ではそれがどんな形になるのかはわからない。でも、とりあえずとる。手書きでもいいし、ケータイの動画機能でもいい。 ボイスメモでもいい。まず記録する。

 これをたくさん繰り返す。すると大量にとったメモの中に、別の思いつきと結びつくことで形になりそうなものが出てくる。 これを企画書やメールなどの形で発信する。すると、アイデアがやっと形になる=孵化する。

 大切なのは、まずメモすること。忘れずにたくさんメモすることだ。メモしなければそれは卵にはならず、 すなわち孵化することもないからだ。

|

« 記憶のストレッチ | トップページ | 手帳にサイフの機能を加えるリフィルとは:私の案 »

コメント

MasoH さん、コメントありがとうございます。お返事遅くなりました。
「エコノミスト」、図書館などでチェックしてみようと思います。
読んでいないので想像ですが、件のやり方は、紙ならではではないでしょうか。簡単に取捨選択(=捨てる)ができるのは紙のメリットだと思います。デジタルデータも捨てられますが、溜まりやすく捨てにくい感じがあるので。
コメントありがとうございました。

投稿: 舘神 | 2007/03/04 09:40

今週の週刊エコノミストで、「通販生活」のプランナーの方が、アイディアメモをどんどん手帳に挟んでいって、100個くらいたまったところで絞込みと落とし込みをして……という話が載っていました。
手順が具体的で面白かったです。ご参考まで。

投稿: MasoH | 2007/02/22 09:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイデア・インキュベーター:

« 記憶のストレッチ | トップページ | 手帳にサイフの機能を加えるリフィルとは:私の案 »