« 読者のメールから:手帳にサイフの機能を加えるリフィルとは | トップページ | 誰も知らないシステム手帳術募集! »

2007/02/16

アナログなものをデジタル化するには

 手書きのメモなど、アナログな情報をデジタル化するにはどうすればいいだろうか。書かれているのが短い文章だけなら、 キーボードで入力すればいいが、図解などが入っている場合は、そうも行かない。

 こんなときに便利なのは、Scansnapのようなスキャナーだ。 フラットベッド型とは違い、紙を挿入してボタンを押すだけで、ファイルが保存される。手書きの文字や図解などはイメージとして保存される。 要するに再編集は出来ないわけだが、それでも紙自体の紛失で情報が失われるよりは遙かにましだ。また、他のタイプのスキャナーと違い、 ファイル名を意識する必要がない。自動でファイル名が付けられて保存されるからだ。必要ならば変更すればいい。

 上記サイトでは、リフィルをスキャンして保存する方法も紹介されている。これは実は私も考えていた方法だったが、 もう少し工夫もできると思う。コレについてはいずれあらためて紹介することがあるかも知れない。

 もともとアナログなものを、編集の利便性などを含めた完全にデジタル化はすることは簡単にはできない。 Scansnapのような道具は、その点について大きな利便性を生んだ道具だと言える。

|

« 読者のメールから:手帳にサイフの機能を加えるリフィルとは | トップページ | 誰も知らないシステム手帳術募集! »

アナログ/デジタル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/13928700

この記事へのトラックバック一覧です: アナログなものをデジタル化するには:

« 読者のメールから:手帳にサイフの機能を加えるリフィルとは | トップページ | 誰も知らないシステム手帳術募集! »