« 「リフィル作成術コツのコツ」その1 | トップページ | メモリフィルの消費スピードを測ってみる »

2007/02/12

「リフィル作成術コツのコツ」その2

昨日の記事の続きです)

 この当時のシステム手帳専門誌「リフィル通信」の恒例企画のひとつに、「PleaseCopy」 と欄外に記されたオリジナルのリフィルフォーマットがあった。この企画はこの書籍にも登場する。そこからわかるのは、 当時と今のデータの管理に関する考え方の違いだ。

 書籍の口絵に用意されたオリジナルリフィルは、「プロジェクト管理」や「一日一様ダイヤリー」などに加え、「ビデオカード」がある。 前者は、録画したビデオの内容、テープの規格(VHSかβか)、録画モード(音声はステレオかモノラルかetc)などのスペックと、 再生時のカウンター、それに内容に関するメモを記入するようになっている。名人の手になるものだけあり、さすがに細かくよく考えられている。

 このリフィルからわかるのは、当時のシステム手帳のリフィルは情報カードの一種と捉えられていたことだ。このビデオカードなどは、 いわば図書館の蔵書カードの考え方を、ビデオテープに適用したものだと言える。

 現在では、ビデオテープは、動画の保存手段としてはややマイナーなものになりつつある。 またDVDレコーダーやパソコンのハードディスク上にファイルとして存在するケースもある。だからこの種のリフィルには出番はないだろう。

 動画のデータが物理的な形を持って存在しており、インデックスをつけて管理する必要があった。「リフィル作成コツのコツ」 という本の巻頭にあるこのリフィルからは、そんなことがわかるのだ。

|

« 「リフィル作成術コツのコツ」その1 | トップページ | メモリフィルの消費スピードを測ってみる »

・システム手帳の特徴と手帳術」カテゴリの記事

手帳」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/13878998

この記事へのトラックバック一覧です: 「リフィル作成術コツのコツ」その2:

» 英単語の覚え方 情報カード編 [池袋に暮らす サラリーマン のアメブロ]
英語の勉強って、皆さんどのようにしているのでしょうか? 英会話以前に、苦手意識を減らすために、英単語の勉強をしないといけない。そう思って、私の場合は独学で英単語を勉強しました。 その時のツールはこれ! 情報カード・5×3判[横罫(シカ-30)] ¥210... [続きを読む]

受信: 2007/02/14 10:23

« 「リフィル作成術コツのコツ」その1 | トップページ | メモリフィルの消費スピードを測ってみる »