« ほぼ日手帳のサイズはどこから生まれたか | トップページ | 携帯電話はPDAを超えた »

2007/01/18

継続が力になるための条件

「継続は力なり」とは、予備校の標語にもなっている言葉だ。継続は本当に力なのだろうか?

 おそらく違うはずだ。ひとつのことを深く考えることなく続けているだけでは、力にはならない。継続が力になるのは、 同じことを続けるというよりは、ひとつの目的に向かっていろいろなアプローチを試していく場合ではないかと考える。

 問題の発見は、解決の第一歩だ。解決にはいろいろな方法があり、どれが正しく最短距離なのかは、すぐにはわからない。 いろいろ試していく中で自分にあった方法や有効な方法を発見し、それを実行することで状況が改善され、問題の解決につながる。

 継続が力になるには、問題に対するアプローチをあきらめずに続けたときなのではないだろうか。タイミングを逃すときもあるだろうし、 失敗するときもある。ただしかし、命ある限り、生きているという現実は続く。その中で問題の解決をしようと思ったら、 継続する=問題にいろいろな角度からアプローチすることを続けることなのだ。

|

« ほぼ日手帳のサイズはどこから生まれたか | トップページ | 携帯電話はPDAを超えた »

時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/13556238

この記事へのトラックバック一覧です: 継続が力になるための条件:

« ほぼ日手帳のサイズはどこから生まれたか | トップページ | 携帯電話はPDAを超えた »