« 手帳多様化の時代 | トップページ | 行動の前に手帳を »

2006/11/26

新リフィル通信 その15

 今回紹介するのは、fILOFAXの「JOT PAD」(税込み630円)だ。

このリフィルの最大の特徴はそのサイズだ。横65ミリ×縦54ミリほどであり、シャツのポケットなどにもすっぽり入る。 つまりペンと合わせて常に携帯してメモをとるのに最適なのだ。それでいて、バイブルサイズのリングにも綴じられるように、 左端に3つの穴が開いている。

 システム手帳と併用して、いつでもメモをとるために使うと便利だ。

 

|

« 手帳多様化の時代 | トップページ | 行動の前に手帳を »

・新リフィル通信 」カテゴリの記事

コメント

GTさん、コメントありがとうございます。
確かにポストイットでも同じ用途に使えますね。

JOT PADの場合、たとえば見開き1週間のリフィルの間に挟んでその週全体のメモのようにも使えると思います。コメントありがとうございました。

投稿: 舘神 | 2006/11/26 14:28

いつも拝読しております。

Jot Pad、Post-Itとかぶるところがあって結局使わなくなってしまいました。書いたメモをリングに綴じるという行為が一手間多いですよね。


何かPost-Itにはない使い方があればいいのですが。。。

投稿: GT | 2006/11/26 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/12825908

この記事へのトラックバック一覧です: 新リフィル通信 その15:

« 手帳多様化の時代 | トップページ | 行動の前に手帳を »