« フォーマットを試してみる | トップページ | システム手帳のシステムとは(試論) »

2006/10/21

記入用リフィルに求められるもの

 手帳の紙に求められる条件とはなんだろう。ざっと思いつくままにあげると、裏移りのなさ、不透明度、薄さ、書きやすさなどだろうか。 これらは実は、筆記用具によっても変わってくる。それはボールペンとシャープペンで書いたときの違いを思い浮かべれば理解できると思う。

 普通の綴じ手帳などだと、手帳の紙の書きやすさは実際に買って書いてみるまでは分からない。システム手帳の場合は、 比較的簡単に確かめられる。使いたいメーカーの無地のリフィルを試しに購入してみればいいのだ。 これに自分がよく使う筆記具で書いてみてどうかをやってみればいいわけだ。

 ただ、システム手帳のすべてのリフィルに同じ条件を求める必要はないだろう。大切なのは、よく使うリフィルだ。 たとえばマンスリーリフィルは見るだけでほとんど記入しないという人は、そこまでこだわらなくてもいいといえる。

 私に関して言えば、マンスリーには、あまり書き味を求めていない。ウィークリー、デイリーやメモリフィルは、 裏移りのなさや不透明度などを重視して選んでいる。

|

« フォーマットを試してみる | トップページ | システム手帳のシステムとは(試論) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記入用リフィルに求められるもの:

« フォーマットを試してみる | トップページ | システム手帳のシステムとは(試論) »