« どんなウィークリーリフィル使ってますか | トップページ | カテゴリー「システム手帳の手帳術」追加しました »

2006/10/16

システム手帳と超整理手帳の共通点

 システム手帳と超整理手帳には共通点がある。

 それは、使いこなしの幅が無限といえるほど自由な点だ。ともに決められたページを持たず、ユーザーのやり方ひとつで、 多彩な使いこなしが可能だ。これは、あらかじめページが綴じられた他のタイプの手帳にはない特徴だ。

 この種の手帳を選ぶことは同時に次のことを意味する。それは使い方を一から十まで全て自分で考えて決めなければならないことなのだ。 実際には核となるスケジュールリフィルがあるが、それでも自由度の高さは他の手帳とは比べものにならない。 逆に言えばその自由度をどこまで利用できるかが、使いこなせるかどうかを決定すると言える。

 もともと手帳は、それが綴じ手帳であっても、ユーザーのイマジネーションひとつで、いろいろな使い方が可能になる。その意味では、 以前のエントリーとは矛盾するようだが、手帳は使い手のイマジネーションの幅に応じて使い方がどんどん広がるものだ。

 そして、このふたつの手帳は、ページを綴じていないことでそのイマジネーションを極限まで、 いや果てしなく広げてしまったのではないだろうか。

 

|

« どんなウィークリーリフィル使ってますか | トップページ | カテゴリー「システム手帳の手帳術」追加しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: システム手帳と超整理手帳の共通点:

« どんなウィークリーリフィル使ってますか | トップページ | カテゴリー「システム手帳の手帳術」追加しました »