« タイミングをメモしておく | トップページ | 旅する手帳 »

2006/10/05

精神衛生としての時間節約

 地下鉄を降りて乗り越し分を精算しようと、精算機にならんだ。機械の前にはすでに2人が列を作っており、3人目になった。 先頭の人が終わり、次の人の番になった。するとその人はやにわにカバンから財布を取り出し、10円玉を探し始めた。 それが三十代の男性だったので少し驚いた。

 こういうときは、順番を待っている間に小銭を用意しておくといい。若年層の男性ならば、 それを世間智として知っているのではなかったか。そんな思いこみが覆されたので意外な感じがしたのだ。

 やがて自分の番になった。回数券を精算機に入れ、硬貨の投入口に続けざまに10円玉を3枚投入すると、精算切符がはき出された。 その間およそ5秒ぐらいか。自分のこの種のことがするすると片づくと心地よいものだ。これは時間の節約というより、 精神衛生の問題なのだろう。

|

« タイミングをメモしておく | トップページ | 旅する手帳 »

時間」カテゴリの記事

コメント

とくさん、コメントありがとうございます。
まったくその通りだと思います。
その人にとっての精神衛生上よいことがなんなのかは、わからなかったので言及しなかったのですが、おっしゃる通りかもしれませんね。

投稿: 舘神 | 2006/10/06 08:24

前の人は,自分の番になっておもむろに
かばんから財布を出し準備することが,彼にとっては精神衛生上良いのかもしれない.年齢関係ないと思います.
早く,効率だけがよろしいというわけでもありますまい.

投稿: とく | 2006/10/05 07:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/12154007

この記事へのトラックバック一覧です: 精神衛生としての時間節約:

« タイミングをメモしておく | トップページ | 旅する手帳 »