« 手帳分冊化の時代 | トップページ | タイミングをメモしておく »

2006/10/03

見開き1日のデイリーリフィルを選ぶ

 そろそろ来年の日付入りスケジュールリフィルが店頭にそろいはじめた。マンスリー、ウィークリー、デイリーのうち、もっとも、 選び方がむずかしいのはデイリーのリフィルだろう。

 日付入りの見開き1日のタイプには、Bindex、KNOXBRAIN、 Ashfordの3種類がある。

 そして、Bindexとほかの2つのブランドには大きな違いがある。Bindexは、見開きのうち、 右ページが時間軸入りのスケジュール記入欄になっている。これに対して、KNOXBRAIN、 Ashfordの2つは、 左ページが時間軸入りのスケジュール記入欄になっている(※  BindexとKNOXBRAINのリフィルの違いは、 「システム手帳新入門!」の第3章にもリフィルのイメージ入りで記した)。

 個人的には、KNOXBRAINやAshfordのような、左ページにスケジュール欄があるタイプが便利だと感じている。 そのほうが、手帳自体が持っている左ページから右ページにかけて眺め、めくっていく流れにあっているからだ。 左ページのスケジュール欄に記入するときに、リングが手に当たるという意見もあるだろうが、この点は、舘神メソッド(※) を使うことで回避できる。

 見開き1日のデイリーリフィルを選ぶときにはこのようなことも念頭においておきたい。

※  「システム手帳の極意」に紹介した、記入時にリングが気にならないリフィルの並べ方

 

|

« 手帳分冊化の時代 | トップページ | タイミングをメモしておく »

・システム手帳の特徴と手帳術」カテゴリの記事

コメント

とる1ヒーローさん、コメントありがとうございます。
このように、テクニックを紹介していただくと、Blogをご覧になっているたくさんの方の役に立ちそうです。その意味で、とる1ヒーローさんのコメントはとてもありがたいものでした。
ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

投稿: 舘神 | 2006/10/06 08:26

フランクリンプランナーの使い方を一部導入しています。
左側のメモページがいっぱいになったときに使えるテクニックが「カットアウェイリフィル」。
最上部の「月日」部分が隠れてしまわない工夫で,リフィルの最上部を切り取ればオーケー。いくらでも,何枚でもメモ等の書き込みが可能になります。

投稿: とる1ヒーロー | 2006/10/05 11:50

MasoHさん、コメントありがとうございます。
確かに、フランクリン・プランナーも見開き1日のデイリーがありますね。このエントリーでは、バイブルサイズの代表的なものに限ったので入れなかったのですが。
ともあれ、ご指摘ももっともです。ありがとうございました。

投稿: 舘神 | 2006/10/04 20:38

是非、フランクリン・プランナーも挙げて戴きたく。

投稿: MasoH | 2006/10/04 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/12133768

この記事へのトラックバック一覧です: 見開き1日のデイリーリフィルを選ぶ:

« 手帳分冊化の時代 | トップページ | タイミングをメモしておく »