« 入門用の革バインダー | トップページ | どんなウィークリーリフィル使ってますか »

2006/10/14

機能の成熟が指向するもの

 機能が成熟した工業製品は、個性化を目指す。自動車やパソコン、携帯電話でも繰り返されてきたこの傾向は、 手帳においても同じであるようだ。

 もともと、手帳はその登場当初から成熟したものだった。それがこの数年の手帳ブームによって再発見され、 メーカー側も力を入れやすくなったのだろう。「FujiSankei Business i」で話題になっているのは手帳のカラフル化だ。この記事は、かつてオーソドックスな色とデザインしかなかったドコモの携帯電話が、 オレンジやミドリといったカラフルな端末を投入したauに刺激されて、色も形もそのバラエティを広げていったことを思い起こさせる。

 つまりJMAMにおけるau的な存在とは、ほぼ日手帳とか超整理手帳のような比較的新しい手帳群なのではないだろうか。

 

|

« 入門用の革バインダー | トップページ | どんなウィークリーリフィル使ってますか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機能の成熟が指向するもの:

« 入門用の革バインダー | トップページ | どんなウィークリーリフィル使ってますか »