« 「NOTE&DIARY StyleBook」 | トップページ | バインダー、乗り換えますか? »

2006/10/24

求道心に訴える道具

 手帳は、求道心(※)をくすぐる道具だ。ふせんや筆記具との組み合わせや活用のルールなど、やり始めたらきりがない。 システム手帳の場合は、それが市販のリフィルやバインダー、果てはリフィルの自作にまで及ぶ(超整理手帳も、 カバーとリフィルの自作という点では似ているかもしれない)。

 これも、「システム手帳の極意」で触れたことだが、手帳に時間をかけるというのは、一種の倒錯かもしれない。 手帳はもともと時間を有効に使うための道具のはずだ。そこに趣味的に時間をかけるのは、ひょっとした奇妙なことなのかもしれない。

 ※求道心:何らかの趣味やスポーツなどを極めようとする心という程度の意味で使っています。

|

« 「NOTE&DIARY StyleBook」 | トップページ | バインダー、乗り換えますか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 求道心に訴える道具:

« 「NOTE&DIARY StyleBook」 | トップページ | バインダー、乗り換えますか? »