« 文具情報誌「BUN2」に登場しています | トップページ | ケータイよりも手帳を! »

2006/09/22

プラスワンの自作

  「システム手帳新入門!」でも少し触れたが、リフィルの自作はなにもいちからやらなくてもいい。たとえば、 まあまあ使いやすいデイリーのリフィルがあったとして、そこにチェックボックスや記入欄などを印刷しておくだけでもいいのだ。 それだけで格段に使いやすくなったりする。  この場合の基本になるのは、 やはりWordなどで作ったリフィル印刷用テンプレートファイルだ。ここに既存のリフィルのデザインを意識しながら、 チェック欄や記入欄を作る=入力してゆく。そしてプリンターにデイリーリフィルを差し込み、印刷するのだ。  最初は慣れないかもしれないので、無地のリフィルに印刷して試してみよう。 これをデイリーと重ねて光にかざせばできあがりのイメージがわかるだろう。何回か試せば、 フォントのサイズや記入欄の位置をどうすればいいのかがわかってくる。そうしたら、デイリーリフィルにまとめて印刷すればいい。 まとめて一月分ぐらい印刷しよう。こうすれば印刷の手間もさほどかからない。  これで、既製品のリフィルがグンと便利になるだろう。

 

|

« 文具情報誌「BUN2」に登場しています | トップページ | ケータイよりも手帳を! »

・システム手帳の特徴と手帳術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/11986506

この記事へのトラックバック一覧です: プラスワンの自作:

« 文具情報誌「BUN2」に登場しています | トップページ | ケータイよりも手帳を! »