« 習慣は楽するためのものである | トップページ | 移動は早いタイミングで »

2006/09/14

新リフィル通信 その14

 ASHFORDの「フリーインデックス」(18枚入り 税込み368円)は、 リフィルに直接貼り付けて使うタイプの見出し用紙だ。全18枚のうち、10枚は、あ行~わ行までのアドレス帳の見出しとして「A ア」 のような文言が縦書きに印刷されている。さらに「Private」「Business」のインデックスがあり、 残りの6枚に自由に記入できる。

 

 この種のインデックスは市販のタックシールにPICT0001もよくある。しかもそれらは完全に未記入だ。だが、この「フリ ーインデックス」 が優れているのは次の点だ。すなわち、ラベルに記入後に、付属の透明粘着フィルムでコーティングできるのだ。 

これはフィルムを貼りかけているところ→

 システム手帳は長く使うアイテムであり、使っていくうちに見出し用紙なども汚れたりよれたりしてくる。このインデックス用紙は、 フィルムを用意することで見出し部分をきちんと保護し、できるだけきれいな状態で使えるようにと考えられている。

|

« 習慣は楽するためのものである | トップページ | 移動は早いタイミングで »

・新リフィル通信 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/11882766

この記事へのトラックバック一覧です: 新リフィル通信 その14:

« 習慣は楽するためのものである | トップページ | 移動は早いタイミングで »