« しおりをどうするか | トップページ | レイアウト変更しました »

2006/08/11

デジタルドキュメント作成コンポーネント

 現代人は、デジタルなデータを作成する複数の機器を同時に駆使することが当たり前になってる。PCを中心に、デジタルカメラ、 ICレコーダー、ビデオカメラ、スキャナーなど多種のデジタル機器を使ってデジタルなドキュメントを作成している。さらに、 OSをはじめとしてパソコンと各機器との間でやりとりするためのソフトウェアがある。

 この機器の組み合わせは、いわば“デジタルドキュメント作成コンポーネント”ということができるのではないか。人によって、 また職種や立場によってその構成は違うだろうが、共通しているのはパソコンを中心とするこれらの全体が、その人によって必要であることだ。

 自分がどんな機器群を使っているのか、またそれを使ってどんなことをしているのか考えてみるとおもしろいかもしれない。

|

« しおりをどうするか | トップページ | レイアウト変更しました »

アナログ/デジタル」カテゴリの記事

コメント

島村さま、コメントありがとうございます。
パソコンは、使う人によっていかようにも機能と形を変えるものだと思います。ただどんな場合でもメモリーやHDDは大容量で高性能だと便利ですよね。その上で、求める人にはいろいろな可能性をもたらしてくれるのが、他の種類の機会にはない、パソコンならではのおもしろさだと思います。

投稿: 舘神 | 2006/08/17 04:07

先日、数年ぶりにPCを買い換えたわけですが、PCのスペックを選ぶ時に、「PCで何がやりたいか」について、夫と長時間話し合いました。

私はWordとExcelとメールとネットの情報検索、年賀状。過去の原稿を入力するOCRができれば、それでいい。
夫はCADとメールと情報検索ができれば、それでいい。

意外なことに、今流行の「ネットで映画」「ネットで音楽」「デジカメで撮った写真の加工」などという話は一切出てきませんでした。

「必要のない機能はいらない」……結局、メモリやHDDは高機能で、必要なソフトだけを搭載したPCを買いました。

投稿: 島村由花 | 2006/08/12 14:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/11380514

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルドキュメント作成コンポーネント:

« しおりをどうするか | トップページ | レイアウト変更しました »