« 自作する前に | トップページ | Macintoshでリフィルを自作するには »

2006/08/22

デジタルデータと紙の手帳との違い

 デジタルデータと紙の手帳との違いのひとつは、開いたときにすぐに編集・追記が可能かどうかだ。

 小遣い帳を例に考えてみよう。同じ内容のものを1.Excelのファイルで作ったものと、 2.手帳のページとして書かれたもの では開かれた時点でのアクションの可能性が違う。

 1.のようなデジタルデータでは、そのファイルに「閲覧のみ」とか「特定セルのロック」のような属性が設定されていない限り、 ファイルを開いた時点ですぐに入力できる体制にある。デジタルデータを開くときは、キーボードやマウスで操作しているはずだ。 だからすぐにファイルに追記ができるし、編集もできる。

 これが、2.のような手帳のページではそうではない。そのページが開かれたとき、ほとんどの人は、手にペンを持っていないはずだ。 最初から記入する目的で、あらかじめペンを手に持っているのでないかぎり、そのページが開かれた時点では、ただ眺めるだけになるはずだ。

 つまりデジタルなデータはファイルを開くこと=編集がすぐに可能なこと なのだ。これに対して、紙のようなアナログな記録手段では、 追記することを最初から意識しない限り、そのページを開くことは、単なる閲覧にとどまることを意味しているといえる。

|

« 自作する前に | トップページ | Macintoshでリフィルを自作するには »

アナログ/デジタル」カテゴリの記事

コメント

MasoHさん
お返事遅くなりました。

>単純に「デジタルデータ」と括っても、その環境は千差万別で、簡単に「これを扱う以上はこうである」とは言い切れないのではないでしょうか。

ご指摘の点、まさにその通りです。私自身はこのエントリーを書くにあたって、主に紙の手帳とパソコン/キーボード付きPDA(またはスマートフォン)を念頭に置いていました。
ただ、確かにご指摘のように、キーボードのないPDAや、携帯電話などでも、デジタルデータを開くことはできます。その場合は、すぐに編集や入力には移れないですね。
また、開いたのがPDFファイルだった場合は、パソコンであっても追記・編集がむずかしいこともありえますね。
ご指摘ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

投稿: 舘神 | 2006/08/27 12:32

舘神氏の考えは主観であって、客観性に乏しいので、こうした食い違いが、よく生まれます。
もう少し、素直な目線で、モノを捉えては如何かな、という思いがします。< 舘神氏

投稿: MasoI | 2006/08/22 19:10

舘神様、挨拶文も無しに突然の書き込みに対し丁寧なレスをありがとうございます。

さて、
> デジタルデータを開くときは、キーボードやマウスで操作しているはずだ。
とあるのですが、これはデスクトップ(または据え置きノート)の場合ですね。
現代ではデジタルデータでもPDAや携帯電話で閲覧が可能です。この場合、閲覧モードから入力モードへ入るには結構な手順が必要です。
私はキーボード付ザウルスを使用していますが、スライドキーを開くだけでも手帳のペン挿しからペンを取るのと手間は大差ありません。

単純に「デジタルデータ」と括っても、その環境は千差万別で、簡単に「これを扱う以上はこうである」とは言い切れないのではないでしょうか。

投稿: MasoH | 2006/08/22 18:19

MasoHさん、コメントありがとうございます。さて、
>ペン挿しにペンが常備してあれば、常に記入/再編集の体制は整っています。
とのことですが、開いてみているときに、ペンを手に持っているかどうかで、記入というアクションにうつるまでの時間が変わってくると思います。これが、「追記することを最初から意識しない限り」ということの意味です。
ご指摘のバタフライロック構造だと、自ずからペンを手に持っていることが多くなるのはそのとおりでしょう。
また、
>デジタルデータを印刷したものを閲覧用に持ち歩くという場合、再編集にはおそろしく手間がかかることも考慮するべきだと思います。
というのもまさにそのとおりですね。
逆に言えば、追記ではなく再編集が必要なものはデジタルデータのままがいいのだと思えます。

MasoHさん、このような、非常に細かな話題にコメントしていただいて本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

投稿: 舘神 | 2006/08/22 17:02

紙の手帳であっても、ペン挿しにペンが常備してあれば、常に記入/再編集の体制は整っています。
特にバタフライロック構造の手帳であれば、閲覧のみのつもりであってもペンを手に取らなければ開くことが出来ませんから、閲覧と記入/再編集は常に一体となります。

デジタルデータでつくったものをデジタルデバイスで見る限りにおいては、閲覧と記入/再編集は一体ですが、
デジタルデータを印刷したものを閲覧用に持ち歩くという場合、再編集にはおそろしく手間がかかることも考慮するべきだと思います。

投稿: MasoH | 2006/08/22 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/11538151

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルデータと紙の手帳との違い:

« 自作する前に | トップページ | Macintoshでリフィルを自作するには »