« ケータイはPDAを取り込んだ | トップページ | 仕事はふくれる »

2006/07/01

幻リフィル通信

 今回は廃番になってしまったリフィルを紹介しよう。PAJEMブランドの「シングルCDホルダー」 がそれだ。その名の通り、リフィル型のフォルダーで、表にはシングルCD2枚を、裏には歌詞カードなどを収納できる。

 このリフィルが新製品だった当時は、音楽はCDウォークマンなどで聞くものだったのだろう。そしてこのリフィルを使うことで、 システム手帳がCDの保管・運搬の手段としても利用できるようになるわけだ。

 現在では、音楽はiPodに代表されるようなデジタルオーディオプレーヤーで聞くのが普通になってしまった。このリフィルは、 音楽を外出先で聴くのにポリカーボネイトの円盤が必要だった時代の証だ。

 だが、見方を変えれば、このリフィルは、今でも使えるかもしれない。シングルサイズのCD-Rの保管用だ。 たとえばデザイナーの方などがここに、作品データの入ったCD-Rを入れておき、クライアントに渡すような場合に使えたかもしれない。 もっともシングルCDサイズのものは、ドライブによって対応していないものもあるが。

 システム手帳のリフィルにも時代の空気は出る。「シングルCDホルダー」リフィルはその一例だと言える。

|

« ケータイはPDAを取り込んだ | トップページ | 仕事はふくれる »

・新リフィル通信 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/10742798

この記事へのトラックバック一覧です: 幻リフィル通信:

« ケータイはPDAを取り込んだ | トップページ | 仕事はふくれる »