« 2周年 | トップページ | 新リフィル通信 その11 »

2006/07/15

携帯電話のOS

 W-zero3などのスマートフォンには、WindowsMobileというOSが搭載されている。通話以外の機能の存在と、 そのためのインターフェースが液晶画面上に明示されている。携帯電話もこれを見習って欲しい。

 現状の携帯電話にもOSは搭載されているし、各種の機能やソフトウェアはその上で動いている。だが、 できるだけOSの存在を見せないようにと考えられている節がある。たとえば、手元にあるSH901iSの待ち受け画面は、 初期設定では単なる待ち受け画面であり、搭載されている数多くの機能は、なんらかのキーを押さなければ、存在に気がつくことはない。それは、 iモード登場当初のフールプルーフ性重視の古いパラダイムではないだろうか。この辺を割り切っているのが、 らくらくホンやシンプル性重視の携帯電話なのだろうが、それ以外の機能てんこ盛りの携帯電話も、設計思想として依拠しているのは、 数年前と変わらぬフールプルーフ性だ。

 いっそのことOSがOSであるとわかるように作ってもらったほうがいいように思える。その意味では、 W-zero3はもっとも進んだ“携帯電話”かもしれない。

|

« 2周年 | トップページ | 新リフィル通信 その11 »

スマートフォン/PDA・ガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/10949408

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話のOS:

« 2周年 | トップページ | 新リフィル通信 その11 »