« 今後の記事の予定 | トップページ | 和仁達也氏 出版記念セミナー開催のお知らせ »

2006/07/31

新リフィル通信 その12

 今回は、無地のリフィルを紹介したい。レイメイ藤井の「ノート無地 DR279」(30枚 262円 税込み) だ。無地のリフィルと一口に言っても、各社の各製品ごとに特徴はある。この製品の場合は、以下のふたつの特徴がある。

 まず、リフィルの色は薄いクリーム色であること。以前のエントリーでも触れたが、 これは真っ白なリフィルよりも目に優しい感じがする。

 次に、薄く裏写りの少ないトモエリバーという紙を用いていること。筆者がよく利用するブルーブラックのボールペンでも、 裏写りはほとんど気にならなかった。このトモエリバーという紙は、ほぼ日手帳に使われていることでも知られている。

 無地のリフィルは、そのまま使うのはもちろん、自作リフィル用としても使える。とくに自作の記入用リフィルを作るときには、 これを使ってみるのもいいかもしれない。

|

« 今後の記事の予定 | トップページ | 和仁達也氏 出版記念セミナー開催のお知らせ »

・新リフィル通信 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/11162786

この記事へのトラックバック一覧です: 新リフィル通信 その12:

« 今後の記事の予定 | トップページ | 和仁達也氏 出版記念セミナー開催のお知らせ »