« 手書きメモ、音声のメモ | トップページ | 夢に日付を »

2006/05/22

新リフィル通信 番外編

 リフィルとは、システム手帳だけのものではない。ボールペPICT0017ンの替え芯などもリフィルと呼ばれる。そして今回紹介するのは、そのボールペンのリフィル。 以前のエントリー 「一本のペンで夢 は必ずかなう」で紹介した、OHTOのマルチペン用の黒インクのリフィルだ。

 型番は、R-4C7NP(84円 税込み)。このマルチペンの特徴は、 ペン先がニードルポイントと呼ばれる同社独自の細いタイプになっていることだ。それ故、手帳に細い字を書くのに向いている。 ニードルポイントについては、この本に詳しく書いたので興味のある方は、 参考にして欲しい。

 ニードルポイントに限らないが、ボールペンは落としてペン先を痛めてしまうと、ボールのホールド部が潰れたり、 インクの出が悪くなったりして、使えなくなってしまう。だが、そいうときでも、リフィルを交換すれば、また使えるようになる。 ものを大切にする意味でも、気に入ったものを長く使い続けた方がいい。そういうときに、この替え芯のリフィルは役に立つ。

 ボールペンの中にはこのように、替え芯が別売で提供されているものも多くあると思われる。 自分の使っているボールペンのリフィルを調べておくとインクがなくなったときに役立つだろう。

|

« 手書きメモ、音声のメモ | トップページ | 夢に日付を »

・新リフィル通信 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/10175318

この記事へのトラックバック一覧です: 新リフィル通信 番外編:

« 手書きメモ、音声のメモ | トップページ | 夢に日付を »