« 手帳術の目的 | トップページ | メールの限界 »

2006/05/19

新リフィル通信 その10

 方眼リフィルは各社からいろいろなタイプが発売されている。ここで紹介するのは、Bindexの 「インフォメーション メモ(方眼)No.421」(30枚入り 263円(税込み))だ。 このリフィルの特徴は、上部にタイトル欄とメモ欄が用意されていることだ。このことで、 記入する図やイラストが何のメモなのかが明確にわかる。またナンバー欄にくわえ日付欄があるので、 記入した日付をきちんと記録するのに便利だ。

 リフィルの色はクリーム色。また罫線は薄い印刷色になっており、目に優しく、記入しやすくなっている。図やイラスト、 簡単な表などを、ただメモするだけではなく、きちんとした記録として管理するのにはとてもよくできたリフィルだと言える。

|

« 手帳術の目的 | トップページ | メールの限界 »

・新リフィル通信 」カテゴリの記事

コメント

Green Bearさん、コメントありがとうございます。リフィルのレベルから自分に合ったものが見つけられるのが、システム手帳の良さですね。2冊の使いわけなどの話もまた教えてください。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: 舘神 | 2006/05/26 21:46

バイブルサイズをメインに使用していた時は、この方眼リフィルと同(罫線)のリフィルを愛用していました。
使い勝手も紙質も色も大変気に入っていました。

現在はミニ6(仕事用)とフランクリン・プランナーのポケットサイズ(個人用)を使っていますので、これらのリフィルは眠っています。
またバイブルサイズを使う機会が来れば、復活させようと思ってます。

投稿: Green Bear | 2006/05/26 07:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/10133972

この記事へのトラックバック一覧です: 新リフィル通信 その10:

« 手帳術の目的 | トップページ | メールの限界 »