« システム手帳の特徴:軸の設定が自由 | トップページ | 目的と手段 »

2006/04/05

新リフィル通信 その9

 今回紹介するのは、デイリースケジュールリフィルだ。

レイメイ藤井の 「フリーデイリースケジュール DR17」(13週分 892円)である。 このリフィルは、「Date your dream手帳」のセットに含まれているものと同じものだ。以下に簡単に特徴を紹介する。 Image1

 まず、リフィルの色はクリーム色で目に優しい。また紙も薄いタイプを使っており、かさばらない。 特にリング径の小さなバインダーを使っている人にはうれしいだろう。さらにいえば、薄型のバインダーでもめくりやすいように、 リフィルの左端から穴の部分までの長さがやや短い。

 デイリーリフィルとしては、見開き1日のタイプになる。左ページがスケジュール欄、右ページがメモ欄だ。スケジュール欄の時間は、 8時から23時まで。それ以前とそれ以後も1時間分の記入欄がある。さらにスケジュール欄のすぐ横にもメモ欄が用意されている。ここは、 予定の細かな内容などを書くのに便利だ。

(スキャン画像は参考程度にご覧ください。あまり厳密にとっていないので)

 左ページは、上3/5が5ミリ方眼のメモ欄、下2/5が6ミリ罫のDIARY欄になっている。

 上述したようにこのリフィルは既存の手帳セットの分売パーツだが、ふ つうのデイリーとしても使える。特に、 時間記入欄の幅が大きいので記入がしやすい。

 価格もさほど高くない。年末に1年分のデイリーリフィルを買うことを思えば、 3ヶ月分のリフィルが900円弱で購入できるのは高くないと思う。

 日付は自分で記入するタイプだ。いつからでも使える点は、日付が記入されたリフィルにはないメリットだと言える。

 

|

« システム手帳の特徴:軸の設定が自由 | トップページ | 目的と手段 »

・新リフィル通信 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« システム手帳の特徴:軸の設定が自由 | トップページ | 目的と手段 »