« 小型デジタル機器の成り立ち | トップページ | 日刊現代に登場しました »

2006/03/31

宿題の重さ

 仕事や生活の中で、“宿題”が残ってしまうことがある。すぐ片づける必要はないけれど、やらないとまずいことだ。この宿題は、 手をつけなければ、少しずつ重くなってくるような気がする。やらなくても済むことはたいしたことはないが、 期限が決まっていなくても絶対やらなければならないことは特にそうだ。

 このblogで言えば、薄いリフィルの重さの問題、それにバインダーの重さの問題がそうだ。まさに「宿題の重さ」だ。おいおい、 やります(「おいおい、おいおいじゃ困るよ」とかつっこまれそうですが)。

|

« 小型デジタル機器の成り立ち | トップページ | 日刊現代に登場しました »

コメント

かずのりさん、いつもコメントありがとうございます。
いずれエントリーにしますが、日々の時間って
棚だと考えています。でもって、棚には日々入れることがあるわけですが、どの棚に入れるべきか決まっていないTASKは重い影をおとすのではないかと。
そうそう、×をつけるのも大切ですね。
あとは、えいやっと思い切ってやることとか。
ではでは。

投稿: 舘神 | 2006/04/03 12:27

どもども。
TODOリストの中で、
いつまでたっても「済み」に
ならない項目が残っていると、
そのページがどんどん溜まって
いきます。そうすると、手帳の
新陳代謝が悪くなりますね。

たまに、あきらめて「×」をつけたり、
なかなか達成しない項目だけを
集めたりして、新陳代謝が良くなるよう
心がけています。
ではでは。

投稿: かずのり | 2006/03/31 07:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宿題の重さ:

« 小型デジタル機器の成り立ち | トップページ | 日刊現代に登場しました »