« システム手帳に入門するなら | トップページ | 新リフィル通信 その7 »

2006/01/26

新リフィル通信 その6

 今回は、バインダーを紹介しよう。PILOTの「B6 6Ring Slim Binder PB601-150-BN」 (1545円 税込み)がそれだ。東急ハンズ新宿店で購入した。

 このバインダーの最大の特徴はスリムなことだ。横幅は10.4㎝、高さは18.9㎝、厚さは2.4㎝ほどだ。これほど小型ながら、 バイブルサイズのリフィルを綴じることができる。リング径は8㎜で、付属の6㎜横罫リフィルは30枚入っていた。薄いリフィルなら、 より多くのリフィルが綴じられるだろう。
 そのほかの本体の特徴としては
 ・カード収納用スリットが2つ。表紙裏にある。
 ・ペンホルダーを装備
 ・カバー裏にリフィルや紙類を収納できるポケット付き

 本体は合皮なので、ものとしての質感にやや乏しい。所有欲をそそる感じは望めない。だがひとつあれば便利だ。 まずメモ帳的な用途が考えられる。メモ用リフィルを綴じておき、家のあちこちにおいておけば、いつでもメモがとれる。とったメモはいつでも、 メインのバインダーに移せる。 6穴のリフィルだとこういうとき転記の手間がないのが便利だ。リフィルを入れ替えて使えば、 以前紹介したスパイラルノートよりもランニングコストは低くすむだろう。なによりペンホルダーにペンを常備しておけるのが便利だ。

 旅行用にも使える。旅行日程のデイリーリフィルだけを入れておくのだ。こうすれば、 メインのバインダーのマンスリーやウィークリーに書かれた仕事の予定のことは目に入らない。遊びに集中できるのだ。

 このようにリング径の小さなスリムなバインダーを1冊持っているといろいろと便利だ。この製品以外でも、 簡単に入手できそうな同種の製品がものがあれば紹介していくつもりだ。

|

« システム手帳に入門するなら | トップページ | 新リフィル通信 その7 »

・新リフィル通信 」カテゴリの記事

コメント

iniさん、コメントありがとうございます。
ポストイットを使うのも一つの手ですね。私も場合によってはポストイットを使います。スリムなバインダーにはいつも用意しているので。
ただ、ほかのメモ用紙だとパンチの手間が面倒かもしれませんね。
では今後ともよろしくお願いします。

投稿: 舘神 | 2006/01/30 08:37

舘神さん、こんにちは。iniです。

システム手帳の場合、それなりの大きさがあるので、どうしてもポケットからちょっと出してってササッとメモってことが出来ないだけに、そういう点を補うものが必要ですね。

一番のポイントは転記の必要がないことなのでこのスリムバインダーの併用はそのままバイブルリフィルだけにとても便利かと思います。
ただ「ササッとメモ」って、結局走り書きが多いので私はポストイットノートを持ち歩いていてあとで貼り付けてますが、ブロックロディアとかパンチ穴3つ以上に引っかかる幅さえあるメモなら穴さえあければいいことなんで、割合融通は利きますね。

投稿: ini | 2006/01/28 10:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/8353498

この記事へのトラックバック一覧です: 新リフィル通信 その6:

« システム手帳に入門するなら | トップページ | 新リフィル通信 その7 »