« 超整理手帳からシステム手帳に乗り換えた方、いらっしゃいますか? | トップページ | 自作リフィルを作りやすいサイズ »

2005/11/03

新リフィル通信 その5

 リフィルは薄ければ薄いほどいい。なぜなら、リング径が同じならリフィルが薄い方がより多くの枚数を綴じられるからだ。
つまり同じ枚数を綴じるのに、リング径がより小さいバインダーですむことになる。これはリング径とバインダーの大きさは比例することによる。
 たとえば、エヌ・プランニング
「Super Light CREAM 横罫6mm」
(クリーム色 200枚入り 税込み473円)は、
そういうリフィルだ。さわってみたところ、その薄さはふだん使っている横罫リフィルとは一線を画す感じだった。色は白もあったが、
目に優しいクリームを選んだ。 このリフィルがどの程度薄いのかは、後日きちんと検証したい。  今年は、
大手メーカーもリング径30ミリのバインダーを店頭に並べるなど、大きなバインダーが流行のようだ。だが、
情報量が同じならば私は薄いリフィルを選びたい。ノートパソコンがどんどん小型軽量化しているのに、
手帳だけが重く大きいのはどうかと思うからだ。

|

« 超整理手帳からシステム手帳に乗り換えた方、いらっしゃいますか? | トップページ | 自作リフィルを作りやすいサイズ »

・新リフィル通信」カテゴリの記事

コメント

薄いことは軽いことでもあったりするのでいいですネ
今、ラボメ2さんの会社のフィルム付箋モニターしてます

#先月下旬、西表島のジャングルにいました!
ミクシィ日記に写真もいっぱい貼りましたのでぜひ
ぜひ見にいらして下さい(^_^)

投稿: イッキー | 2005/11/05 02:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新リフィル通信 その5:

« 超整理手帳からシステム手帳に乗り換えた方、いらっしゃいますか? | トップページ | 自作リフィルを作りやすいサイズ »