« ラミーのすべて | トップページ | 「仕事のパソコン再入門」出ました »

2005/11/14

アイデアをメモすべき理由

 思いついたことやアイデアについては、昔からいろいろ語られてきた。そのもっとも根本的な問題は、「メモすべきか否か」だろう。

 もちろん、このblogをごらんになっている方ならば迷わずメモする方を選ぶだろう。その一方で、「大事なことは忘れないからメモしなくても大丈夫」という考え方もある。今回は、これをテーマに考えてみたい。

 結論から言えば、思いついたことはできるだけメモしたい。これには以下の理由がある。
1. メモすることでいったん忘れることができる。すると別のことを考えることができる。
2. メモすれば、そのことをより詳細に考えることができる。
3. メモすれば、そのことが育っていく。メモした文章を客観的に眺め、さらに別のことを思いついたら書き加える。このことで、平凡なアイデアから非凡な結果も生まれうる。

 メモするだけでざっと以上のようなメリットがある。もちろんダメなアイデアもあるだろう。だが、それもメモして数日もすればはっきりする。もしメモをしなければ、それは記憶の中で日時とともにおぼろげになりながら、後生大事にとっておかれるか、または価値があるかどうかの検証なしに忘れられるだけだ。ひょっとしたらまた同じことを思いつくかもしれないが、その時点では、おそらく過去に同じことを考えたことすらも忘れられているだろう。

 以上の理由で、アイデアメモは必ずとるべきと言える。筆者もあらためて肝に銘じて励行したい。

|

« ラミーのすべて | トップページ | 「仕事のパソコン再入門」出ました »

コメント

橋本さん、コメントありがとうございます。
なるほど、組み合わせってのは確かにそうですね。でもってこれは情報カードの組み合わせも彷彿とさせますね。
 というより、混沌とした状態から複数のアイデアがリンクというところがポイントでしょうか。

投稿: 舘神 | 2005/11/17 21:41

3番の理由に近いですが、メモしたアイデア同士がシナジーするってのもありますね。
ボクは、あんまり分類してメモをしないのですが、かえってそれで複数のアイデアがリンクしていくことがあります。頭の中ではリンクしなかったものが文字になると繋がる瞬間ってあるみたいです。

投稿: 橋本 | 2005/11/14 15:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/7099681

この記事へのトラックバック一覧です: アイデアをメモすべき理由:

« ラミーのすべて | トップページ | 「仕事のパソコン再入門」出ました »