« ドラッグとしての成功本 | トップページ | 紙のデータベースの時代 »

2005/08/22

一本のペンで夢は必ずかなう?

 手帳にとってペンは大切だ。 書き心地がよければ、手帳に記入するのが楽しくなる。だから積極的に記入したくなるし、
なんでも書きたくなる。逆に書き心地がわるければ、必要最低限のことしか記入しなくなる。  メモは、
イマジネーションを実現するためのもっとも最初の段階だと考えられる。ペンで書くことが多ければ、実現することも多いはずだ。であるならば、
メモするためのもう一方の手段であるペンは、手帳と同じかそれ以上に大切なアイテムだ。だから書き心地や使い勝手は重要なのだ。
 そして最近購入したのが "http://www.ohto.co.jp/html/product_lineup/soft_ink_pen8.html">このペンだ。
OHTOのこのモデルは、いわゆるマルチペンの一種で、2色のボールペン+シャープペンという構成になっている。私が気に入ったのは、
ボールペン部分の書き心地だ。ペン先が細いためか、文字が細かく書けるのだ。  バイブルサイズのリフィルに限らず、
手帳の紙面の絶対的面積は、そう大きくない。だから、そこに書く文字は細かい方がいい。このペンはその条件を満たしている。
また赤ボールペンとシャープもついている。これは気に入った。これで1575円(税込み)ならば安いものである。
もしマルチペンを探している人がいたら、文具店の店頭で試してみる価値はあるだろう。 P.S. ちなみに上記のリンクは、
単なるOHTOのページです。アフィリエイトではないのでご安心ください。世の中にはどうも勘違いしている人がいて、
本の中で商品を紹介しただけで、自分のWebで「商売に走りすぎている」などと批判したりしますが、『システム手帳新入門!』
に商品を紹介したからと行って、別にメーカーから金品がもらえたことはないです。まあ、岩波書店という発行元の性格を知らないから、
思いこみだけでそういうことを書けるのだと思いますが。

|

« ドラッグとしての成功本 | トップページ | 紙のデータベースの時代 »

コメント

橋本さん、コメントありがとうございます。
いつぞやは、トラックバックしていただきながらお返事もせずにすみませんでした。
橋本さんにあのように書いていただいたことで
私は自分の視点の確かさに自信を持つことが出来ました。本当に感謝しております。
遅ればせながらこの機会にお礼申し上げます。
ペンについては、私はまだまだ不勉強な点が多いので、これからもいろいろ教えてください。
よろしくお願いします。

投稿: 舘神 | 2005/08/31 19:39

こんにちは。いつも拝見させていただいてます。
私もお気に入りのペンがありまして、以前はRotringの4in1を使っていました。シャープペンシル/黒ボールペン/赤ボールペン/スタイラスの使い分けができて、手に持った感触・バランスも良く、長く使っても疲れません。ボールペンは非常に書きやすいし、AppleのNewtonの画面にもスクリーンプロテクターを使わなくても傷がつかない優れものです。
Rotringを使っていて失敗したのはインクが無くなった時ですね。当たり前ですがボールペンの場合はインクと同時にボールも交換しますから、他社の交換インクを使うと書き味が全く違ってしまったわけです。Rotringオリジナルのボールは滑りもほどよく「ペンが指を引っ張る」ような感触がありました。

最近はバイブルサイズの紙の手帳をメインに使っているので、手帳に挟んで持ち歩けるCrossの細めのペンを使っています。手帳と同行できて、なおかつ書き疲れないという点で「適度な細さ」というんでしょうか、かなり気に入ってます。
お尻のポケットに入るバイブルサイズ手帳と挟めるペンの組合せは、情報のキャプチャ能力を非常に高めてくれています。

投稿: 橋本 | 2005/08/30 14:03

きたきつねさん、コメントありがとうございます。
このようなお言葉をいただけるのがとてもうれしいです。
インターネットには、「ネガティブな意見=辛辣」でかっこいいという誤解があるようです。
そんな中で、私の記事を冷静に見ていただきうれしく思います。
これにあまえず、また提灯持ちにならないようにこれからもやっていきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿: 舘神 | 2005/08/29 20:49

舘神さん はじめまして。

提灯記事を書いて、あまりにもあざとい商売をしている評論家と称する人がいるために誤解されることがあるのでしょう。

舘神さんの記事には、いいものは良いし、だめなものはだめ、こうすればいいのにといろいろな提案があって、ちゃんと読んでいる人には判ると思いますよ。

投稿: きたきつね | 2005/08/27 23:38

GTさん、コメントありがとうございます。
いわゆる、ゲルインキタイプのボールペンは、手帳用としてはアリだと私も思っています。
そしておっしゃるように、ボディデザインが従来のいわゆる事務用ボールペンと同じなので、革のバインダーにはしっくりこないというのも同感ですね。
これは、メーカーの今後の開発に期待したいところです。
コメントありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

投稿: 舘神 | 2005/08/25 06:31

細かい字が書けるのは手帳用筆記具としては
望ましいですよね。
その点でPilotのHi-Tec-Cは理想的なのですが、革の手帳にはどうもデザインがしっくりこないんで残念です。構造上キャップ式でちょっと機動性に欠けるのもマイナスですし。
ノック式でマルチカラーで、かっこいいデザインのHi-Tec-C作ったら売れると思うんですけどね。

投稿: GT | 2005/08/24 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一本のペンで夢は必ずかなう?:

« ドラッグとしての成功本 | トップページ | 紙のデータベースの時代 »