« 読者のメール その1 | トップページ | 重版決定! »

2004/11/15

「システム手帳に関する仮説」について

 ネット上やメールなどで、『システム手帳新入門!』の読者の反応が少しずつではあるが帰ってきている。このblogを見ている方の中にも、あとがきを見てアクセスしてくださっている方がいらっしゃるだろう。
 反応はおおむねいい感じだ。ただ、本文よりはコラムをおもしろがってくださる方が多い感じがする。たとえば、コラム2「リフィルソムリエのおすすめリフィル」や、コラム4「“シャアの演説”リフィルがあった」、コラム5「ブームの古文書」などがそれだ。そして今だからいえるが、本書には実はコラムがあと5本収録される予定だった。ページ数の関係から泣く泣く割愛したが、機会あればきちんと発表したいものもある。このblogにも2本を載せた。
 ただ筆者が新たな試みとして、舌足らずながらも楽しんで書いたコラム3「システム手帳に関する仮説」に関しては
どうも反応がないようだ。要旨を記すと、システム手帳が再び売れているのは日本社会のこの数年の変容と関連しているということだ。
 現時点で感想を書いたり送ったりしてくださる読者は、システム手帳歴の長いユーザーが多いのだが、彼らはこういうことには興味がないのだろうか。それとも、筆者に筆力が足りず、書きたいことがきちんと伝わっていないのだろうか。本書を読んでこのコラムが面白いと思った方は、メールでもいいので感想をいただきたい。

|

« 読者のメール その1 | トップページ | 重版決定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「システム手帳に関する仮説」について:

« 読者のメール その1 | トップページ | 重版決定! »